どろあわわ お試し・クチコミと使い方

インターネット上で、密かに以前からブームになっているのがどろ豆乳石鹸どろあわわという石鹸です。
一体どんな石鹸なのか?それは各折り込みチラシなどでも一度くらいは見かけたことがあるのではないでしょうか?もっちり泡が特徴で、弾力ある泡でしっかり毛穴からお掃除してくれるようです。

購入者全員に専用ネットとつや肌とろり液をプレゼント。モニター価格で手に入れましょう。

どろ豆乳石鹸どろあわわはどんな人におすすめ?そのタイプとは

どろ豆乳石鹸どろあわわの特徴について

どろ豆乳石鹸どろあわわは沖縄産のマリンシルト、そして国産ベントナイトという成分が入っている石鹸です。
この2つの成分は毛穴汚れを吸着するという効果があります。
また毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着してくれますので、長年の毛穴詰まりが解消されます。どろあわわがまるで泥パックのようだと言われる理由です。
マリンシルトは特に美容に使われており、マイナスイオンを持っています。
細かな粒子が毛穴に入り込みますから、皮脂の黒ずみ、古い角質もしっかり除去出来ます。
マイナスイオンによって分子レベルでの毛穴掃除が出来るというわけです。

分子レベルでもっちりとした大量の泡の効果

どろ豆乳石鹸どろあわわの分子レベルでの洗顔は、何よりもまず泡立てることから始まります。
パール大でもこもこと両手いっぱいになるほどの泡が立ちますから、コストパフォーマンスにも優れています。
さらに毛穴汚れに吸い付いて肌トラブルの原因である余分な皮脂をしっかり吸着、離しません。
さらにどろ豆乳石鹸どろあわわには豆乳発酵液というものが入っているのが従来品と異なる点でしょう。
この発酵液により、洗浄力は非常に強いけれど、洗った後のもっちり、しっとり感はキープ出来るという効果があるのです。
美容成分ヒアルロン酸、コラーゲンが皮脂がとれた毛穴に浸透していくので、毛穴からキレイを目指すことが出来ます。

どろ豆乳石鹸どろあわわにはデメリットはないの?

どろ豆乳石鹸どろあわわは基本的にはインターネットからしか購入が出来ません。
つまり、実際の販売店がないため、直に手に取って確かめることが出来ないのです。
正直なところ、実物を手に取らないまま購入するのは勇気が必要です。

しかしながら、どろ豆乳石鹸どろあわわは初回半額のお値段で始めることが出来ます。
通常価格より半額になるのですから大変お買い得と言えるでしょう。 また、定期コースに申し込んだら数か月間は続けなければならないのでしょう?と思っている人も安心です、どろ豆乳石鹸どろあわわは電話1本かけるだけで解約が可能です。
購入月から解約可能なので、1回限り、試してみたいという女性だってOKなのです。
購入に関しては、ほぼデメリットはないと言えるでしょう。

お申込みはインターネットで

どろ豆乳石鹸どろあわわはインターネットでの購入がお買い得です。
公式サイトから購入をすると、定期コースに申し込むことが出来ます。
初回限定半額からスタートして、6回以上継続する人には2回目以降から15%オフとなります。
またずっと送料無料なので送料の負担も減ります。
最もオススメなのはこの6回定期コースなのですが、10個まとめ買いというプランもあります。
1個あたりの割引もあり、プラス1個どろ豆乳石鹸どろあわわがプレゼントでついてきます。
もちろん送料も無料。
量も豊富な分、料金も大きく違ってきており、大>変お買い得になっているのでまとめ買いも参考にしたいです。

どろ豆乳石鹸どろあわわは「まるで泥パック」ということで、密かにブームになっており、その泡の弾力性やもちもち感が病みつきになるという女性が多いのです。
一度試してみてはいかがでしょうか?

「どろあわわ」の使い方

超微粒子が効果的などろ豆乳石鹸どろあわわの洗顔方法について


どろ豆乳石鹸どろあわわは超微粒子が毛穴の黒ずみに効果的だと言われている洗顔石鹸です。
そんな魅力的な洗顔石鹸を効果的に使う方法、洗顔方法などはあるのでしょうか?普通に洗ってもキメ細やかな泡がたつどろ豆乳石鹸どろあわわですが、正しい洗顔方法によって、より一層肌の弾力も増してくるのです。


附属のネットを使うと良いでしょう


まず、必ず泡立てネットを使って泡立てましょう。
どろあわわは2センチから3センチ程度の量にしたほうが良いです。
誰でも簡単に泡が立つネットなので、付属のネットは必ず使いましょう。
まず水を泡立てネットに含ませて、余分な水分を切り、ネットの間にどろあわわを出し、空気を膨らませながらクシュクシュッと泡立てます。 クシュクシュとしていると、徐々にもこもこしてきますから、ここにさらに水を少し足して、さらにもこもこと空気を含ませましょう。
するとダイナミックな量の泡が出来上がります。

下から上へ洗い上げましょう


それを下から上に乗せるようにつけていきます。
お風呂場で洗顔するなら首もしっかり、デコルテまで洗いましょう。
もっちり泡が完成していれば、指が肌に触れないレベルになりますから、もっちり泡の弾力で肌の汚れを洗うようにしましょう。
そしてしっかり洗い流して終了です。

洗い流しはそれほど苦労しません。
もこもこ泡なのに、泡切れが良いというのは嬉しいことです。
さっぱり洗えるけれど、豆乳発酵液のお陰でしっとり感も残すことが出来ます。
誰でも簡単に泡をたてることが出来ますから、チャレンジしてみましょう。
泥パックとは違って、手軽に使える、モッチリ濃密な泡がどろあわわの特徴です。

どろ豆乳石鹸どろあわわにはどんな天然泥がつかわれているの?

泥の石鹸として有名などろ豆乳石鹸どろあわわですが、実際どんな泥が有効成分として入っているのでしょうか?その天然泥によって、毛穴から汚れを吸着しているようです。
まるで泥パックと言われるのは、こういった理由もあるのでしょう。

マリンシルトという泥


まず、どろ豆乳石鹸どろあわわには沖縄のとある地方にしかないと言われるマリンシルトと呼ばれる泥を使っています。
粒子が5ミクロンということで、微粒子であることが分かります。
多量のイオンを含んでおり、毛穴の奥まで入り込んで古い角質はもとより汚れ、皮脂も吸着するのです。
もともと中国から飛んできた粒子の細かい黄砂が海底に数百年以上も蓄積され、地盤の隆起によって現れてきたものなんだそうです。
その泥にはマイナスイオンが含まれ、洗顔の際に肌の皮脂汚れがくっついて、キレイにさっぱり皮脂を落としてくれるのです。


ベントナイトという泥


さらにダブルの泥を使っているどろ豆乳石鹸どろあわわは、ベントナイトという泥も使っています。
火山灰から出来たのがベントナイトという泥で、毛穴洗浄能力だけでなくキメ細やかな肌に整え、毛穴をきゅっと引き締める役割を持っています。
ベントナイトは特に洗浄力に優れていることもあり、今注目されている泥成分でもあるのです。


そんなダブルの泥が入ったどろ豆乳石鹸どろあわわは、けして泥の色をしているわけではなく、白色となっています。
どろ豆乳石鹸どろあわわは豆乳成分を加えることで女性のお肌のケアとして、イソフラボンを肌に与えてくれます。
泥の汚れの吸着パワーとしっとり感を兼ね備えているのがどろ豆乳石鹸どろあわわなのです。



どろ豆乳石鹸どろあわわの気になる副作用や危険について

どろ豆乳石鹸どろあわわ、評判はとても良いようです。
しかしその一方で副作用などの危険性も述べられているようです。
安心して毎日使うことが出来るのか、しっかり調べておきましょう。


防腐剤と乳化剤について


まず、どろ豆乳石鹸どろあわわには防腐剤としてパラベンが使われています。
メチルパラベン、EDTA-2NA、プロピルパラベンという3つの防腐剤が入っています。
何故防腐剤が必要なのか?というと、どろ豆乳石鹸どろあわわが固形石鹸ではないからなのです。
弱酸性の肌に優しい石鹸なので、腐りやすいのです。
1人で使うと1か月では使い切れない量ありますから、やはり新鮮さを保つためには防腐剤は必須なようです。
また防腐剤以外に乳化剤というものも入っています。
ステアリン酸グリコール、ステアリン酸グリセリンというものです。
これに関していえば、極度の敏感肌でない限り、副作用のようなものは出ないでしょう。
赤くぴりぴりするという人はかなりの敏感肌であることが分かります。
乳化剤はアイスクリームにも使われている成分なので、それほど気にする必要はありません。


最も気になるのはここから


ここまでは、それほど気になる副作用や危険性のある成分のレベルではありません。
最も副作用が出やすいと思われるのが、合成界面活性剤です。
ステアリン酸PEG-150、ココイルメチルタウリンNaの2種類が洗浄力アップのために使われていますが、これを使われてしまうと敏感肌の人は確実に赤く腫れるケースが多いです。
普通肌の女性が使う分には全く問題ありませんが、合成界面活性剤については敏感肌、乾燥肌の女性にとっては若干洗浄力が強すぎるのです。
ですから、実際どろ豆乳石鹸どろあわわを購入する時は、まずはお試しから入ると良いでしょう。
そして、実際使ってみてどうか?という点をチェックしましょう。
泥パックじゃない泥パックをぜひ体験してみてください。